ブログ

  • HOME > 
  • ブログ
2024.05.14

フットケア勉強会「小松純子先生」をお招きして

当院では、これまで何度か、あきた訪問フットケアの小松純子先生にお越しいただき、看護師のフットケア技術を向上させるための勉強会を開いています。
回を重ねるごとにスタッフのフットケアへの関心が増し技術も向上しています。
「皆に負けていられない」と私自身へも良い刺激ともなっています。

今回は、私と看護師が足を貸出してフットケアの実演練習をしてもらいました。
院長の汚い足でも嫌がらずにキレイに爪を整えてくれました(笑)
院長の足ゆえに緊張する職員、想像以上に器用な職員など色々いましたが、総じて皆、患者さんのケアのために勉強することを楽しんでくれたようで、足を貸した甲斐がありました😁
また定期的に講習会を行っていきたいと思います。
小松先生、ありがとうございました。 引き続きよろしくお願いいたします。

たかぎファミリークリニック  院長 石岡伸規

2024.05.08

日帰りシャント拡張手術

当院では局所麻酔下での日帰りシャント拡張術(VAIVT)を行っております。一般的には造影剤を使用したレントゲン透視装置を用いた(手術中に迫りくる、あの大きな機械です)シャント拡張が一般的ですが、当院では超音波検査装置(エコー)を用いて丁寧なシャント拡張術を行っております。エコーを使用したシャント拡張術のメリットとして、

  • ①患者もスタッフも放射線被爆しない
  • ②造影剤を使用しないので造影剤アレルギーの心配がない
  • ③エコーを使って局所麻酔を病変周囲にしっかり行うことで痛みがかなり軽減できる
  • ④リアルタイムで病変を観察しているので出血時もすぐに判明し対処可能
  • ⑤造影の手間がないので短時間で終わる。早ければ30分前後

と良いことばかりです。デメリットとしてはあまりに石灰化が強いシャントには不向きなこと、CASと呼ばれるような中枢の病変(肩を超えた先の首よりの病変)には不向きなことくらいです。シャント狭窄は短い人であれば3か月に1回程度で再発し、狭窄が起こる限りはシャント拡張術を受け続けなければなりません。手術の度に一泊入院するのが嫌な方、少しでも拡張時の痛みを軽減したい方は当院での手術をご検討ください。(当院へ通院中でない方は通院先の主治医の先生の許可が必要ですのでご了承ください)ご質問がございましたら0182-23-6831までご連絡ください。

2024.04.25

「心温まるサプライズ!職員からの誕生日プレゼント」

みなさん、こんばんは!クリニックの院長、石岡伸規です。

先日、クリニックのスタッフから素敵なサプライズをもらいました!

なんと、誕生日プレゼントとして『十四代 角新本丸 秘伝玉返し』をいただいちゃいました。本当にビックリ&感動しました!

もちろん、高価なものをいただけるだけでも嬉しいですが、それ以上に、スタッフ一同からの温かいメッセージが添えられていたのが感激でした。

みんなの思いやりに本当に感謝しています。

このプレゼントは、私にとってただの日本酒以上のものです。それは、仕事仲間としての絆や信頼、そしてお互いに対する尊重や感謝の気持ちが詰まっていたんですよね。

クリニックのチームワークって最高です!本当にみんな素晴らしい仲間です。これからも一緒に頑張って、患者さんに最高のケアを提供していきたいと思います!

スタッフのみんな、本当にありがとう!そして、これからもよろしくお願いします!

それでは、また次の更新でお会いしましょう!

 

2024.04.23

新しい送迎車両が仲間入り‼️

透析患者様へより快適な送迎環境を提供するために新しい車両を購入しました。

車椅子にも対応O K‼️

細い道もお任せください。乗り合いもなく快適に。

横手市全域、湯沢市全域どこへでも送迎に伺います。

介護施設への送迎も対応可能です。

介護経験のあるスタッフがお迎えに上がります。

ご質問などはクリニックまでお問い合わせください。

☎️0182−23−6831

2024.04.18

地域のこども達に文房具を届けました

近隣の保育園、小学校、中学校のこども達へ地域貢献活動として文房具の寄付を行いました。活動を通して医療に興味を持ち、共に地域医療を支えてくれる方が誕生することを願っております。医療に強い平鹿町を目指してこれからも色々な取り組みを行なっていきます。

2024.03.15

がんの新しい検査方法 マイシグナル検査 

皆さんが怖いと思う病気と聞いてピンと来るのはやはり『がん』でしょう。

生活習慣に気をつけていても、遺伝素因など避けられないと思うとこがあるからではないでしょうか?

日本人が一生のうちにがんと診断される確率は男性で約65%、女性約51%(2019年データ)

一生のうちに2人に1人はがんになっている計算です。

そのうちの20%近くが、がんで亡くなっています

(国立がん研究センター がん統計より引用)

現在は手術・化学療法を中心として様々な治療が発達してきましたが、それでも進行がんの生存率は高くないのが現状です。

がんで死にたくなければ『早期発見・早期治療をする』ことに尽きます。

そうは言っても、がん検診を全てのがん種を2−3年に1回程度受け続けるのは中々、大変な作業です。しかし、この状況を解消できる手段が提供できる時代になって参りました。線虫検査やマイクロR N A検査といったワードをT Vなどで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 

その中でも、当院では「miSignal(マイシグナル)」という検査を導入しております。

マイシグナルは、尿中マイクロR N AをA Iが解析し、7つのがん(肺、食道、胃、大腸、膵臓、乳房、卵巣)について、現時点でかかっている可能性を高確率で検出する検査です。 患者さんは問診票記入と尿を取っていただくだけで後は結果を待つだけというお手軽かつ痛みのない検査になります。

マイシグナルはstageⅠのがんでも高精度に検出可能な検査です。

名古屋大学のベンチャー企業が慶應義塾大学と連携し提供しています。全国約20の大学病院やがん研究センターが共同研究に参加している、信頼性の高い検査です。

よく知られている腫瘍マーカー検査は保険適応もあり外来でも簡単に行えますが、『腫瘍が増大した際に上昇する数値』なので早期がんの発見には向いてません。 症状がなければ保険適応にもなりませんので発見できる頃には進行がんという事態も多いです。腹部超音波検査やCT検査などの「画像診断」もがんを発見するための方法ですが、こちらも画像検査で判読可能な時点でそれなりに進行したがんである可能性が高くなってしまい、やはり早期がんの発見には向きません。 

繰り返しにはなりますが、『早期発見・早期治療をする』のが何より大事です。

miSignalは、がん細胞が発するマイクロRNAを解析しているため、早期がんのうちに発見できる可能性があります。

『苦しい検査は嫌』といって内視鏡検査など受けてこなかった方にこそオススメします。手遅れになる前に一度、ご検討ください。

以下に、この検査の特徴をまとめてみます。

ご興味のある方は是非利用してみて下さい。

2024.03.13

その頭痛、だんだん悪化していませんか?

最近、頭痛で受診される方の中で、薬剤過剰使用による頭痛(M O H:Medication Overuse Headache)の患者さんが大変多いなと感じます。

M O Hがおこる理由には諸説ありますが、簡単に言ってしまうと鎮痛薬(市販薬からトリプタン系のような処方薬まで全て)の常用的な使用により、より弱い刺激でも頭痛を感じるようになってしまい、かえって頭痛が悪化してしまう病気です。

知識がなければ、鎮痛薬を飲むことで痛みが悪化すると考えません(医療従事者でも知らない方がたくさんいます)

その為、つい鎮痛薬を使ってしまってしまう→悪化する→薬飲むという悪循環が起こります。治療には薬の中止、元となった頭痛への対処が必要です。ただ中止だけすると反動として出てくる頭痛が辛くて大変なので予防薬の併用なども行う必要が出てきます。

適切な対応が必要なため、一度悪化してしまうと自力で脱することは大変困難です。『月10日以上内服する』『痛くなる前に飲んでしまっている』こんな方は要注意です。

ひどくなってしまう前に早めに頭痛外来へとご相談ください。

2024.02.24

頭痛外来はじめました

地域の方々の需要が多いため、頭痛外来をはじめました。

頭痛は非常に多くの方が悩んでいる症状ですが、横手では頭痛外来の数が少ない為、皆さんどこへ相談したら良いか分からず困っているというお話を聞きます。(過去に他院で治療歴のある方でも大丈夫です)

僕も片頭痛持ちですが、若い時はただ我慢していました。(実際、医療従事者に頭痛持ちは多いです)

『この程度で受診して良いのだろうか?』と思って受診を控えたり、ひたすら我慢していたり、市販薬でごまかしたりしていませんか?

このような症状がある方は悪化する前にぜひご相談を。

・片頭痛 (ズキズキとした痛み 雨の日や生理の時などに悪化する) 

・緊張性頭痛 (頭が重い 締め付けられるような痛み 肩こりやめまいが出る)

・群発頭痛 (涙や鼻水を伴うような激しい頭痛) 

・頭痛薬を毎月10日以上飲んでいて、どんどん酷くなってくる (薬物過剰使用による頭痛)

特に片頭痛は悪化すると仕事や学業など生活への影響も大きいです。ぜひ早めにご相談ください。

2024.02.08

院内新聞 WEB公開

当院では、透析患者の皆様に向けて、有益な情報をお届けするために、スタッフが手作りした院内新聞を定期的に発行しています。その中では、当院の取り組みや特徴を中心に、患者の皆様に役立つ情報を提供しています。今回は、これまでのバックナンバーも掲載し、より多くの皆様に情報をお届けできるよう努めています。引き続き、透析患者の皆様に寄り添った情報を提供するために、スタッフ一同精進してまいります。

 

 

2024.02.05

送迎の必要な透析患者さんいませんか?

新しい送迎車が届きました😁

新型ステップワゴンAir e:HEVです🚐

より多くの透析通院にお悩みの方にご利用いただけるように送迎スタッフも増員しました。 

透析患者様から

『送迎があるだけでもありがたいのに、こんなに良くしてくれて…』

『足おぎ(オートサイドステップのこと)あっていい』

『静かでたいしたいい』 etc,

早速、このようなご好評をいただきました。

最近は送迎を行う透析施設も増えてきましたが、当院ではギュウギュウ詰めに乗りあわせて長い時間車内に乗せるような送迎は行いません。(それだけで疲れて具合も悪くなります。)長くても30分ほどの車内滞在で済んでいます。

患者様が少しでも快適に移動していただけるように引き続き安全運行を心がけてまいります。 

透析の通院でお悩みの方がいらっしゃったら、いつでも当院へご相談ください。

相談は takagi.touseki.soudan@gmail.com もしくは電話0182-23-6831までご連絡ください

2024.01.07

薬による急性腎障害 トリプルワーミー

『トリプルワーミー』って知ってますか?

これは、腎臓に3段パンチをくらわせる薬の組み合わせのことで、急性腎障害を引き起こします。

  1. ①RAS阻害薬 – 血圧の薬(A C E阻害薬やA R Bなど)
  2. ②利尿剤
  3. ③NSAIDs(ロキソニン・セレコックスなどの鎮痛剤)

それぞれダメージを与える方法が違い、一つずつでは大きな影響もないのですが、これら3つが組み合わさった時に協力プレーで、腎臓の血流を下げて急性腎障害を起こすのです。

高血圧や心臓の問題があると、内科でよく1と2を処方されますね。これらはちゃんと腎機能をチェックしながら使えばOKです。問題なのはこの状況に鎮痛薬が安易に追加され、トリプルワーミーが完成し急な腎障害が起こることがあることです。

よくあるパターンは、慢性腎臓病があって内科で1と2が処方されている状況で、その後整形外科でNSAIDsが出ること。患者が腎機能の自己申告をしなければ、鎮痛に効くから簡単に処方されてしまいます。経験ある人多いのでは?

湿布は内服より安全だけど、一部の吸収が速い湿布は内服と同じぐらいリスクがあるから気をつけましょう。

整形外科でビタミンD製剤もよく出ます。骨粗鬆症のお薬だけど、腎機能が悪いとカルシウムが上がりすぎちゃって高カルシウム血症による急性腎障害の危険があります。

急性腎障害は早めに発見できれば回復することも多いですが、遅れると透析が必要になるので気をつけましょう!

まとめ: 自分の腎機能と飲んでる薬・湿布薬を知っておこう。(特に高齢者や腎機能障害のある人)

2024.01.04

短時間透析について

今回の内容は、私がどうしても気になっていることです。

それは導入期でもないのに3時間透析を受けている人が横手には多いことです。

医療者の間では3時間透析では死亡リスクが増大することは有名な話ですが、患者さんはこのことを知らない方が多くいらっしゃいます。『短く済むならそれで良い』 『透析時間は短ければ短いほど良い』と思い込んでいる方もいらっしゃいます。  否定から入って申し訳ありませんが、それは間違いです。今受けている透析がツラいものになってしまっている人ほど、  「これ以上ツラい時間が長くなるなんて…」と誤解している方もいます。限界以上の水分を3時間で引いてしまって透析中や後の血圧低下で倒れる、脳梗塞を繰り返す、倦怠感で動けない、痒くて仕方ないなどのお話を聞いていると歯痒い気持ちになります。

3時間の透析をしている方で『だるくて動けない、痒い、食欲ない、寝れない』などの症状がある方は短い時間で透析を終えているせいです。

今の透析がツラい人ほど、まずは4時間以上に透析時間を伸ばしてみて欲しいと思います。短い透析時間に慣れすぎるといざ具合が悪くなって必要な時にも、心が拒否反応を示して4時間透析ですら受け入れられない方を何人も見てきました。

透析時間が長くなることの大変さは理解できますが、3時間透析では食事制限と相まって合併症や筋力低下で身体がすごい速さで弱っていきます。少しでも辛さがあるならまず4時間へ伸ばしてみませんか?

透析に関する相談・お悩みを受け付けております。病気のことや通院のことなど何でも結構です。いつでも気軽にご相談ください。

2024.01.01

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします。

本年もより一層地域の皆様の健康に貢献できるよう努めて参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2023.12.29

笑顔と温かさが広がった透析患者忘年会!

皆さんこんにちは!何かと忙しい日々を送る中、透析患者さんたちと一緒に過ごすプチ忘年会を開催しました。

何かと制限されることが多い透析患者様に向けて、何か楽しいことを提供したいと思い、透析中に参加していただく形で、小さな忘年会を行いました。

乾杯のドリンクを用意し、仕事よりも緊張していた技士長の乾杯の挨拶で会は始まりました(笑

ビンゴ大会とスタッフによるハンドベル演奏を行いました。皆さん想像以上に楽しんでいただけたようで、透析室内にはたくさんの笑い声が響き、笑顔が溢れ温かい雰囲気が広がっていました。

初めての試みだったので満足していただけるか不安な点もありましたが、『また開催してほしい』とのお声も多数いただけましたので、より良いものとして当院の恒例行事にして参ります。患者さんだけでなく、スタッフも『やってよかった、またやりたい』と充実感と患者様に寄り添う心を実感していたようです。忘年会が終わった後も、その温かな余韻が続く中、次回の企画に向けてのワクワク感も芽生えています。笑顔あふれる透析患者忘年会、これからも続けていきたいなと思っています。

そんなこんなで心温まるひとときを共有しながら、透析患者さんたちとの忘年会は終了しました。

自分の目指す患者さんとスタッフ共に笑顔で過ごせる透析室を短い時間ですが実現できた瞬間でした。

これからも、こんな素敵な瞬間が増えていくように努力していきます。

2023.10.02

ブログ始めました

ブログを開設しました。

医療的な内容から当院の日常など色々な内容を投稿して参ります。

引き続き、たかぎファミリークリニックをよろしくお願いいたします。